汗管腫の目立つプツプツを皮膚深部からピンポイント治療!【秋葉原スキンクリニック】

TOP クリニック紹介 受診の流れ アクセス・診療時間 ご予約 お問合せ 料金表

目的別メニュー

診療時間=10:00から13:30 /15:00から19:30 (土・日・祝日は18:30まで) 休診日:第1・3・5日曜

ニキビ跡治療

汗管腫の目立つプツプツを
皮膚深部からピンポイント治療!

シミ治療


ドクターから一言

目の周りにプツプツがたくさんできて悩んでいる方はいませんか?ニキビかなと思って、潰そうとしても潰れない。色は肌色だけど、盛り上がっていて意外と目立つ。メイクをすると影ができてさらに目立つ。などなど、なにが原因だかわからずに悩んでいる方もいるでしょうが、それは汗管腫(かんかんしゅ)という疾患です。一般の皮膚科では治療を行っていませんし、美容皮膚科でも治療が難しいとされてきた疾患ですが、意外に手軽にピンポイントで治療することができるようになりました。

汗管腫とは?

30代以降の女性の目の周り、特に下まぶたなどに多発して発生する小型で扁平に隆起した発疹で、表皮の下にある真皮内のエクリン汗腺が増殖してできる腫瘍が汗管腫です。
老化現象の一種と考えられていますが、症状の出やすい体質は遺伝的なものとされています。
◆目の周りにできるので目立ち、メイクで隠せないのが問題! 痛みやかゆみもない良性の腫瘍なので放置していても問題はありませんが、好発部位が顔で、目の周りに多くできるので目立つことと、皮膚の隆起があるためメイクなどで隠すことも難しいので、見た目を気にする方が多いようです。
また、年齢とともに数が増える傾向があり、増えた汗管腫同士がくっついてひとかたまりの大きな腫瘍に見えるようになることもあるので、早目の治療が必要です。

汗管腫はこうして治す!

汗管腫の病変は真皮内のエクリン汗腺にあります。つまり、比較的皮膚の深い位置にあるため治療難易度が高く、従来の治療ではキレイに治らないことが多かったようです。 ◆皮膚深部の病変部のみをピンポイントでアタックするヒートニードリング! 一般的な方法では炭酸ガス(CO2)レーザーで皮膚表面を削って平らにします。汗管腫の場合にはもう少し深い位置を狙いたいのですが、そうすると炭酸ガスレーザーは熱拡散が大きいため凹みができ、跡になったりダウンタイムが長くなったりします。
汗管腫をキレイに治すには、レーザーよりも深い位置をピンポイントでアタックする必要があるのです。そのための治療がアグネス(ヒートニードリング)で、超極細のニードル(針)と高周波(RF)による熱を使用して、皮膚深部の汗腺のみを焼灼します。 これによって、皮膚表面にダメージを与えることなく、皮膚深部にある汗管腫の病変部のみを治療することができるうえ、ダウンタイムもほぼ無いと言っていいほどです。 ◆導入治療の併用でヒートニードリングの効果が飛躍的にアップ! そして、一番のオススメは、アグネスの治療を行った当日にイオン導入を併用すること。マルチビタミン(ビタミンA・ビタミンCなど)を皮膚深部まで浸透させることでヒートニードリングの治療効果が飛躍的にアップします。同時にアグネスの治療過程で発生する赤みも最大限に抑えてくれます。

メインとなる施術
  • 汗管腫を削り取る場合に使用しますが、深い位置を治療するとダウンタイムが長くなります。

  • 超極細のニードルと高周波による熱を使用して、皮膚深部にある汗管腫の病変部のみを治療します。

組み合わせると効果的なサブの施術
  • マイナスイオンによってマルチビタミン美容液を導入。ヒートニードリングの効果を飛躍的に高めます。

トップへ戻る

目的別メニュー

治療法別メニュー

IPL・EW・レーザー治療

注入治療

導入治療

ピーリング治療

皮膚再生治療

注射治療

内服薬&外用剤

その他

  • ツルスベ効果を実感
  • 脂肪吸引と同じような効果
  • ムダ毛撃退
  • ヴァンキッシュ
  • ダーマローラー
  • ケミカルピーリング
  • サーマクールCPT
  • ボトックス注入
  • W-PRP
  • ホクロ除去
  • ワキガ
  • エキシマ紫外線照射
  • 太田母斑(青アザ)治療
  • 扁平母斑(茶アザ)治療
  • 血管腫 (赤アザ)治療

スマホ通院はじめました

トップへ戻る

Copyright(c) 2008 Akihabara Skin Clinic. All Rights Reserved.